あれ、あれ、あれだよ、
ほら、あれ、あれなんだけどなー、

なーんてことありますね。

最近、もの忘れがひどい、もの覚えが悪い、
って感じていませんか?
アホになったんじゃ?、なんて言わないでください。(^^)





アホエンって何?





奈田利亭が自信をもって登場させた「にんにくアホエンオイル」は、青森県田子産のにんにくとスペイン産のエキストラバージンオリーブオイルでつくりました。


「アリシン」と「アホエン」の関係

ニンニクにはいろいろな栄養成分が含まれています。その代表は「アリシン」で、ニンニクを切ったりつぶしたりすることによって「アリイナーゼ」という分解酵素が「アリイン」という成分に作用して、アリシンという強烈な臭いのある物質に変化させます。アリシンはニンニクを傷つけると生じる成分なので、すりつぶすほどに成分が増えます。ニンニクの臭いの秘密はアリシンで臭いの素ですが、さまざまな効力の源なのです

アリシンは体内でビタミンB1につくとアリチアミンになり、B1の吸収を促しエネルギーを効率よく消費し、新陳代謝を高めて疲労物質をすみやかに体外に排出するので疲労回復に役立つ成分です。
また、アリシンには強力な殺菌力や抗酸化力があり、天然の抗生物質ともいわれています。
しかし、アリシンは非常に不安定で、体内に入ると他の物質に変化したりするので、最近ではニンニクに含まれる成分が総合的に働いていると考えられるようになりました。

ニンニクをすりつぶして食用油の中で50?80℃の低温で熱すると、アリシンが変化して「アホエン」という名の栄養成分になります
アホエンはアリシンを中心とするニンニクの栄養成分を受け継いでいて、しかもアリシンに比べ体内に入ってからも安定しており長続きします。さらに独特の臭いもなく、胃にもやさしく多くの利点をもっています。

アホエンは1984年に発見され、スペイン語のにんにくを意味するajo(アホ)からajoene(アホエン)と名づけられました。


不思議なことにアホエンは生のニンニクには含まれていません。あくまでニンニクに含まれてるアリシンが低温の油脂の中で変化した成分なのです。



ニンニク」と「エキストラバージン」の関係

もともとのアリシンは水に溶けやすいのですが、アホエンはオイルに溶けやすいのです。そのため、食用オイルの中に溶けこませているのです。その中でも健康を気遣う上で適しているのが「オリーブオイル」です。

それは、オリーブオイルに多く含まれる「オレイン酸」という脂肪酸(脂肪の構成成分)は、むしろ体内の悪玉コレステロールを調整する働きがあると言われています。中でも最高級の「エキストラバージン オリーブオイル」にはオレイン酸が多く
、含まれており、

「エキストラバージンオリーブオイル」と「ニンニク」という組み合わせ、味・栄養ともに相性がベストマッチなんですね。

そういえば、イタリヤ料理でパスタや炒めもの料理を作るときは、フライパンにオリーブオイルとにんにくをいれて弱火でじっくりと加熱しますね。この定番ともいえるイタリア料理はただ味の相性がいいからだけではなく、アホエンの効果を引き出す栄養の知恵でもあったと考えられています。



 

1日の摂取量

1日、小さじ1?2杯がいいようです。
オリーブオイルですから食べ方に工夫が必要ですね。下記の「アホエンオイルのおいしい食べ方」を参照ください。
毎日の食生活に少しずつ取り入れて、皆さまの元気と健康にお役立ててください。




●保管場所が低温であったりしますと油脂が白濁することがありますが、品質には問題ございません。暖かい場所にしばらく置きますと元に戻ります。




にんにくアホエンオイル 135g  2,484円

にんにくアホエンオイル
 135g
 2,484円(税込)




  

   



「とげぬき」とは、巣鴨「とげぬき地蔵尊」にあやかった奈田利亭の商標です。
こころのとげを、からだのとげが抜けますように…。

   





にんにくアホエンオイル
 おいしい食べ方

アホエンという成分は熱に弱く、100℃を超えると壊れてしまいますのでご注意ください。

1) 出来上がった料理(炒めもの、焼きもの、煮ものなど)にかける。
2) そのままパンにつけて食べる。
3) 野菜サラダ、野菜スティック。
4) マリネにする。
5) スパゲティ、焼きそばにかける。
6) 餃子のタレ、焼肉のタレに加えて。


※にんにくアホエンオイルを普通に加熱してスパゲティやお料理にしますと、にんにくの香りと風味がいっぱいで非常においしく召し上がれます。アホエンのことがちょっと気になりますが…。





マリネいろいろ

マリネは、肉や魚、野菜などの材料を漬け液(マリネソース)に漬けることです素材に味や香りをしみこませたり、やわらかくするために行います。マリネソースは酢、油、ワインなどに香辛料を加えたものがよく使われます。日本では魚介や野菜の酢漬けをサラダ風に楽しむマリネ料理がポピュラーですねここでは、アホエンオイルを使ってお料理したマリネをご紹介させていただきます



例…《たこのマリネ レシピ》2人分

〈材料〉
1) 玉ねぎ 1個
2) きゅうり 1本
3) ニンジン 1本
4) たこ100g

〈つくり方〉
1) 野菜類はうすくスライスして器に盛ります。
2) たこはひと口大の大きさに切り、その上に盛ります。
3) マリネソースをかけて冷蔵庫で1?2時間保管すれば出来上がりです。 
  〈ソース材料〉
1) アホエンオイル 小さじ3
2) 酢orりんご酢    小さじ3
3) 塩             ひとつまみ
4) 黒コショウ     少々
5) みりんor砂糖   お好みで 少々

一般的なソースです。いろいろ工夫してみてください。





たこのマリネ

トマトのマリネ

にんじんマリネ

サーモンマリネ

生ハムのマリネ

焼ナスのマリネ

生野菜のマリネ

きのこのマリネ

焼ねぎのマリネ
マリネは(野菜の栄養+お酢の栄養+エキストラバージンオイルのオレイン酸+アホエン)とすばらしい健康栄養バランスの組み合わせなのです。


カテゴリー

  • 新商品のお知らせ
  • にんにく商品
  • 生姜商品
  • 健康商品(とべぬきライフ)
  • 飲料、こだわり食品
  • おすすめセット
  • レシピ にんにく
  • レシピにんにくみそ
  • レシピにんにく濃縮スープ

メディア奈田利亭

こだわりのにんにくや 奈田利亭(なたりてい)